【アミノ酸件】CAE 【植物由来】アルコール 【植物由来】チャ乾留液
トリプル作用でウイルス・菌を
すばやく除菌
あんしん抗菌

Q&A

ハンディウィルクリーナーの
特長を教えてください
すべて天然由来、植物由来の成分でできた除菌スプレーです。除菌効果に実績のある「CAE」(アミノ酸系カチオン活性剤)をメインに、アルコール+チャ乾溜液のトリプル効果の化粧品感覚の考えを取り入れた、プロフェッショナルのための除菌スプレーです。
今までのアルコール除菌剤との
違いを教えてください
除菌、
抗菌について
アルコールをベースにしている除菌剤は、アルコールが揮発するまでの除菌には優れています。しかし、アルコールが揮発してしまった後は、手指を除菌、抗菌することができません。ハンディウイルクリーナーは、アルコールだけに頼った除菌ではありません。アルコールが揮発後もCAEとチャ乾溜液が除菌、抗菌作用を保持します。
手指に対する
負担について
アルコール濃度が高いものは除菌効果も高くなりますが、その反面手指に対する影響が強くなり、アルコールの揮発と同時に手の水分が奪われ乾燥したり、刺激に敏感になる事もあります。ハンディウイルクリーナーは「CAE」をメインと考えその補助としてアルコールを使用しています。アルコール濃度を除菌ができる程度に出来るだけ低く設定することで、繰り返し使用した際の手指への負担がなるべく少なくなるよう考えています。それに合わせて、植物性保湿成分を配合していますので乾燥を防ぎながら除菌できます。
特長成分について教えてください
CAEとは
ウイルス対策として効果があるアミノ酸系カチオン活性剤で、O−157などのウイルスや菌の除菌、抗菌力があります。ヘアケア、頭皮ケア製品にも使用でき、安全性・生分解性が高い成分です。
チャ乾溜液とは
お茶の乾燥葉から抽出される消臭成分です。茶葉には「ポリフェノール」「カテキン」が多く含まれており、毒性や刺激性がなく安心して使用でき幅広い抗菌力があると注目されている天然の植物成分です。
アルコール濃度を教えてください
「ハンディウイルクリーナー」のアルコール濃度は、容量パーセントで50%です。アルコール濃度が60%を超えてしまうと、危険物となり消防法の適用となります。アルコールのみの除菌スプレーに比べて、引火性が低く安心して使いやすくなっています。また、50%以上濃度であれば接触時間1分間で十分なウイルス不活性化を得られたという研究結果もあります。
どこに使用できますか
手指用に使用することを主な目的としていますが、化粧品なので全身に使用できます。外出先から戻った時に、手だけではなく髪にご使用いただき除菌することも可能です。アルコールを使用していますので、目や鼻など、傷がある部分には刺激になりますのでご使用をお控えください。他にも、机やドアノブなど手が触れるものにもご使用いただけます。
ハンディウイルクリーナー
150ml(詰替用500ml)